スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱とセロトニン

セロトニンは、生体リズムを司る重要なホルモンの一つで、脳の中央の、あらゆる神経が結合している脳幹と言われるその中核にある神経で、意識や心の活力を制御するホルモンを分泌します。

このセロトニンの作用で、目覚の促進、精神疲労を抑制、精神の安定と維持、集中力の増進、満腹感の生成、姿勢の維持、など生活に重要な役割をしています。

セロトニンの分泌が少なくなりますと、不安感や焦燥感、脅迫感が募り、精神の安定や睡眠も阻害され、過食や無気力、強いては、鬱の発症に繋がると言われます。

セロトニンは、「太陽の光」と「無理のない有酸素リズム運動」でセロトニン神経が活性化され、その分泌量が促進されますので、朝の「ホルモン」とも言われています。

従いまして、朝起きてからの「背筋を伸ばして歩く1万歩」は、そして「朝食を良く噛んで食べる」(満腹中枢を刺激する)ことは、脳の血流量を増して、セロトニンの活性と分泌を促進する良い習慣となります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

goldenboar

Author:goldenboar
FC2ブログへようこそ!
このブログは、あなた自身の美しさと健康を自ら作り上げるために必要なお役立ち情報や
新しい知識の提供を致します。

どうぞお楽しみにして、ご利用ください。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。