スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食物アレルギーの腸内細菌薬治療の開発

特にこの10年、国民の関心が集まる中に、食物アレルギーがあります。

厚生労働省によると、日本人の全人口の1~2%(乳児に限定すると10%)に、
児童生徒は45万人(4.5%)に何らかの食物アレルギーがあり、これら年少児童の
発症増加は、要注意課題であるとしています。

特にアレルギーの発生件数の多い「卵、乳、小麦、えび、かに」、や症状の
重くなる「そば、ピーナッツ」を含む計7品目は、その食物アレルギーに、
有効な治療法がないため、食品衛生法により食品の表示義務が課され、
個別の選択で、その原因となる食品を避け(除去する)、治療や予防に
繋がることを推奨しています。

さて、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、昨今の、食、医療など“健康”
にまつわる情報は日々更新され、ハーバード大学における食事や遺伝子と
病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などをグローバルな
視点で解説していますが、その中で、米国シカゴ大学研究チームが、非常に
興味深い発見をしたことが米国科学アカデミー紀要に報告されています。

それによりますと、個の食物アレルギーは、腸内細菌が影響していると言う
ことです。

この研究では、「抗生物質の乱用、高脂肪食、帝王切開での出産、一般病原体
の除去、人工乳等の刺激が、食物アレルギーの原因となるとし、抗生物質で
免疫反応を起すことに対して、体内に常駐する「クロトリジウム菌」を注入すると、
食物アレルゲン(抗原)が、血液に入ることを防止して、この反応を減少させる
ことを発見したのです。

この発見で、身体に要影響を及ぼす微生物の乳酸菌(プロバイオティクス)が今後、
治療薬して利用する、プロバイオティクス治療の開発が進められると述べています。


スポンサーサイト

カイロプラクティックは見えない病の見えない名医

長い人生を送るために、一つ重大な視点があります。


それは、あなたはカイロプラクティックを受けたことがあるかと言うことです。
そしてまた、これまでの生活で、怪我や転倒など事故があり、身体に衝撃を
受けたことがあるかです。


通常、人はこれらの事故があっても、目先の損傷などが治癒し、平常な体感が
得られ、また期日を過ぎますと、その事故を軽く考えて忘れるなど放置してしまいます。


その後、数カ月、数年を経て、事故の後遺症が現れても、それは別なものとして、
病院や薬で処置する人が大半です。


この様な通常生活行為のある中で、大事な視点は、その時から生じた、脊柱の狂い、
亜脱臼による症状です。


この亜脱臼は、身体の頭から足までの全身の神経の一部に、長期に亘る圧迫
ストレスが生じて、身体不調となって顕在化し、各種の身体障害や疾病を起こす
起因となっていることが多いのです。

これらの神経系統の障害は、長い間圧迫されたストレスで、身体の体形を歪めたり、
神経の不調で、痛み、痙攣、痺れ、冷え、攣り、精神不調などが顕在化しますし、
尚要点は、免疫力の低下をきたして身体の抵抗力をそぎ、身体を弱めて行きます。


この病魔は、徐々に蓄積されて出てきますので、通常自覚できないことが多いので、
如何しても軽視しがちになります。


その中でも、免疫力の大きな低下は、風邪やウイルスなどの毒物から、がんなどの
治癒力に大きな差が生ずることになります。


ピンとコロの健康な長寿人生を送るためには、正規のカイロプラクティックの診療を
早い時期に一度でも受けることが必須となるのです。


正規のカイロプラクティックの診療とは、JAC認定カイロプラクティック治療院を指します。
プロフィール

goldenboar

Author:goldenboar
FC2ブログへようこそ!
このブログは、あなた自身の美しさと健康を自ら作り上げるために必要なお役立ち情報や
新しい知識の提供を致します。

どうぞお楽しみにして、ご利用ください。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。